酒類販売業免許申請

酒類小売業免許申請

お酒を店頭またはインターネット上、カタログなどを使用して販売しようとする場合、店頭での販売であれば一般酒類小売業免許が必要となります。インターネットで販売しようとする場合には、通信販売酒類小売業免許を取得する必要があります。

当事務所報酬額  147,000
登録免許税    30,000円

当事務所ではお酒の免許申請を専門にしている数少ない行政書士事務所です。
ノウハウも多くありますから安心してご依頼いただけます。
詳しくはこちらのサイトをご参照ください。

酒類卸売業免許申請

お酒を小売店に卸売しようとする場合、取り扱う酒類に応じて必要な免許が異なります。
例えば、輸入した酒類の場合には、輸入酒類卸売業免許が必要となります。

当事務所報酬額  189,000
登録免許税    90,000円

当事務所ではお酒の免許申請を専門にしている数少ない行政書士事務所です。
ノウハウも多くありますから安心してご依頼いただけます。
詳しくはこちらのサイトをご参照ください。

酒類販売媒介業、酒類販売代理業

お酒の販売を酒屋さんに代わって営業しようとする場合や酒屋さんに代わって販売しようとする場合には、酒類販売媒介業や酒類販売代理業の免許取得が必要となります。
例えば、コールセンターなどで酒屋さんに代わり、営業や受注などする場合には酒類販売媒介業免許が必要となります。

報酬額は要相談
(事案によって異なります。)

現在では、酒類販売媒介業や酒類販売代理業は、あまり取得される方がいないため、免許取得のための条件も厳しく、さらに税務署の担当の方もよく知らない方も多いです。

当事務所ではお酒の免許申請を専門にしている数少ない行政書士事務所です。
ノウハウも多くありますから安心してご依頼いただけます。
詳しくはこちらのサイトをご参照ください。